SHARE

タイ財務省 2016年成長率予測を3.7%に引き下げ

タイ財務省財政事務局(FPO)は、2016年のタイ国内総生産(GDP)成長率予測を昨年2015年10月発表時の3.8%から3.7%に引き下げました。
タイ輸出の不調と、中国の景気減速が理由としています。

また、米ドル建ての輸出額増加率は3.2%から0.1%に予想を大幅に下方修正し、消費者物価指数(CPI)上昇率予測は、原油安を理由に1.8%から0.3%に引き下げました。

ただFPOは2015年のGDP成長実績を2.8%と予測しており、2016年のGDP成長率予測は下方修正したものの、前年を上回ると強調しています。

なお、2016年のGDP成長率については、タイ中央銀行(BOT)も予測を3.7%から3.5%に引き下げています。

参考:Bangkok Post ビジネスニュース(2016年1月29日)
http://www.bangkokpost.com/business/news/843888/fpo-trims-forecast-for-2016-growth

このような情報を無料で配信いたします。

・国内外での現地視察で得たリアルな投資情報

・不動産を活用した資産構築、防衛法の具体事例

・海外不動産、現代アート投資、アンティークコインなど新しい投資情報

・お得なイベント情報

あなたにお読み頂きたい記事

メルマガ登録

このような情報を無料で配信いたします。

・国内外での現地視察で得たリアルな投資情報

・不動産を活用した資産構築、防衛法の具体事例

・海外不動産、現代アート投資、アンティークコインなど新しい投資情報

・お得なイベント情報