SHARE

ラオス 2020年までに外国人観光客500万人を目標

ラオス情報文化・観光省によると、2015年にラオスを訪れた外国人観光客数は430万人で前年比4%増でした。ラオスは経済成長や貧困削減を後押しする観光産業の拡大を図り、2020年までに外国人観光客数500万人を目指すとしています。

また2015年の観光収入は6億7000万ドル(約729億円)に達し、5年前の2011年の4億ドルから約1.7倍に増加しています。
2015年にラオスを訪れた外国人観光客数の内訳をみると、全体の7割がタイなど東南アジア諸国連合(ASEAN)域内からで、残りの3割が欧州や米国、日本からでした。

今年2016年にはラオスがASEAN議長国を務める事もあり、国際会議なども予定され、ASEAN域内だけでなく、世界中からの要人来訪に伴いラオスの認知度が高まると期待されています。

SankeiBiz 海外情勢ニュース 2016年6月6日
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/160606/mcb1606060500002-n1.htm

このような情報を無料で配信いたします。

・国内外での現地視察で得たリアルな投資情報

・不動産を活用した資産構築、防衛法の具体事例

・海外不動産、現代アート投資、アンティークコインなど新しい投資情報

・お得なイベント情報

あなたにお読み頂きたい記事

メルマガ登録

このような情報を無料で配信いたします。

・国内外での現地視察で得たリアルな投資情報

・不動産を活用した資産構築、防衛法の具体事例

・海外不動産、現代アート投資、アンティークコインなど新しい投資情報

・お得なイベント情報