SHARE

ビットコイン マイニングは中国から移転

1月16日から仮想通貨が軒並み暴落した引き金となった、中国政府のマイニングに対する規制問題。

これは、去年から取り上げられて来たことですが、中国政府はマイニングに対しては寛容なのではないか、という楽観的な見解もありました。

中国におけるマイニングは完全に禁止されてはいないようですが、中国のマイナーたちの動きを見ると長期的には規制が厳しくなっていくのではないかと思います。

最大手のBITMAIN社はスイスに支社を設立

最も影響力のあるマイナーはBITMAIN社です。

マイニングのハードウェアのメーカーでもあり、Antpoolという最大のマイニングプールを運営しています。

2017年8月1日にハードフォークにより誕生したビットコインキャッシュ(BCH)にも深く関わった業界のリーダー的な立場です。

そのBITMAIN社はスイスに支社を設立し、中国以外で事業拡大を予定しています。今後、中国マイナーたちは世界進出を積極的に行いマイニングを継続していくのではないでしょうか。

候補地はアメリカやカナダも

中国以外のマイニングに適した地域はアイスランドや東欧と言われていましたが、今後はアメリカやカナダも候補地域になるようです。

例えば、アメリカ北西部にあるモンタナ州はマイニング事業に助成金を交付すると発表しました。

このように仮想通貨フレンドリーな国や地域に、業界の関連企業は集中していくと考えられます。

規制問題を乗り越え投資対象として強く安定するか

中国政府によるマイニング事業に対する厳しい対応は仮想通貨の市場を大暴落させるくらいのインパクトはありました。

しかし、マイナーたちの移転によりその影響も徐々に薄れ、ビットコインネットワークを崩壊させるとまではいかないのではないかと思います。

移転には時間やコストはかかるため、市場への影響はあるかもしれませんが、長期的にみてビットコインは投資対象として強く安定していくことが期待されます。

参考:BTCN
「モンタナ州、ビットコインのマイニング事業に助成金を交付」2017年6月8日
https://btcnews.jp/4j33lprn11488/
Bitcoin.com NEWS
「Chinese Bitcoin Mining Giant Bitmain Establishes Branch in Zug, Switzerland」2018年1月11日
https://news.bitcoin.com/chinese-bitcoin-mining-giant-bitmain-establishes-branch-in-zug-switzerland/
コインテレグラフ
「中国の仮想通貨規制強化をめぐる噂の真相【元中国本土取引所CEOが語る】」2018年1月17日
https://jp.cointelegraph.com/news/formerchinesecryptoexchangeoperatordiscussesthecurrentregulatorywoes

このような情報を無料で配信いたします。

・国内外での現地視察で得たリアルな投資情報

・不動産を活用した資産構築、防衛法の具体事例

・海外不動産、現代アート投資、アンティークコインなど新しい投資情報

・お得なイベント情報

あなたにお読み頂きたい記事

メルマガ登録

このような情報を無料で配信いたします。

・国内外での現地視察で得たリアルな投資情報

・不動産を活用した資産構築、防衛法の具体事例

・海外不動産、現代アート投資、アンティークコインなど新しい投資情報

・お得なイベント情報