×

ログイン

会員登録はこちら

実物資産はこれから何に投資するべきか?〜資産運用のフロンティアを探る│第9回 世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

世界の資産運用フェアタグ:    

LINEで送る
Pocket

実物資産はこれから何に投資するべきか?〜資産運用のフロンティアを探る│第9回 世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

Session6 実物資産はこれから何に投資するべきか?〜資産運用のフロンティアを探る

■日時:2019年2月9日(土) 15:30〜16:00(30分)
■開催場所:大手町サンケイプラザ4Fホール
■モデレータ:内藤 忍
■専門企業:日本ランドリーエステート株式会社
■レポーター:ひだまり


 

不動産を含めた実物資産投資には、金融資産投資にない魅力があります。
「歪み」や「希少性」の目利きといった専門的な情報が重要です。多くの方は金融資産から投資を始めて不動産へ広げていらっしゃると思います。本セッションではリアル(実物)で不動産以外の投資フロンティアを探りました。投資対象として実物資産を選別する観点についてもお話がありました。
本セッションの前半は、内藤氏が自身で保有する不動産以外の実物資産のエピソードを交えつつ、実物資産の概要をお話しくださいました。
後半では、具体的な投資商品として「日本ランドリーエステート株式会社」代表取締役の伊藤嘉晃氏にご登壇いただき、同社のビジネススキームについて分かりやすく教えていただきました。

1M9A7141

投資収益の3つの「源泉」とは

投資収益の源泉は「成長」「歪み」「希少性」の3つに分類できると内藤氏は主張します。
「成長」とは経済成長のことであり、投資している資産が経済成長とともにパラレルに増えていくというスタイルを指します。成長度合いと投資収益の度合いが同じになるわけではありませんが、経済が成長してパイ(規模)が増えていくので、どんどん投資した収益が増えていくというものです。
金融商品の場合、インデックス運用であれば市場の平均を使って収益を狙うことができます。日本経済は停滞しているといわれているものの、毎年1%の成長はしています。従って、パイ(規模)は大きくなっています。均等に資産を投入すれば、全体としてはリターン(収益)を得ることができますよね。

「歪み」とは、同じものを異なる価格で提供しているスタイルを指します。80円で売るお店と100円で売るお店がある場合、80円のお店で入手して、100円のお店に売れば差益が生じます。
金融市場では情報が均一化されているため、一般的に歪みによる収益は狙えません。Yahoo!ファイナンスなどインターネットを検索すれば、簡単に情報を得ることができます。プレスリリースされている内容は誰もが知りうる情報であり、既に折込済みであることがほとんどです。
対して不動産などの実物資産では、情報が均一ではありません。すなわち、歪みから収益を狙うことができます。今回のフェアに出展してくださっている企業もそうですが、実物資産の情報はインターネットに公開していないものがたくさんあります。

「希少性」とは、需要が高まっても供給量が増えないスタイルを指します。生産量が限られているものや作り手が不在で生産できないものなどは価格に正しい基準を設けることができません。数が少ないが故に価格が引き上げられていきます。

実物資産の特徴

実物資産の特徴は以下の3つとして纏めることができます。

①需給で価格が決まる
②理論価格が存在しない
③キャピタルゲイン型とインカムゲイン型がある

①需給で価格が決まる
「増やせない実物資産」の場合、価格が成立するためには需要と供給が一致することが必要なので当然といえます。売りたい人と買いたい人が合意した価格が「価格」になります。実物資産ではありませんが価格の合意という意味では、為替取引においても同様のことが言えます。

②理論価格が存在しない
ワインや金(ゴールド)、ダイヤモンドなどには適正価格は存在しません。①の結果、理論価格が存在しないとも言えます。

③キャピタルゲイン型とインカムゲイン型がある
「キャピタルゲイン型」の事例として、ロマネコンティやアンティークコインなど「供給が増えず需要のあるもの」をあげていました。金(ゴールド)に正しい価格はありません。価格は変動します。価格が上がるのは、売る人より買う人が多いからです。
1本200万円のロマネコンティなどは、「美味しいから」というより生産量の少なさやオールドビンテージは蘇らないという需給バランスの影響、富裕層としてのステータス、ブランド力といった価格を引き上げる要素がキャピタルゲインを牽引しているのでしょう。
需要が増えても供給が増えない資産は希少性があるため価値が上がります。
これを内藤氏は、「希少性」×「投資」と言います。

「インカムゲイン型」の事例として、コインランドリー投資や太陽光発電、マイニングマシン、カンボジアの胡椒畑を不動産とは異なるタイプとして取り上げていました。
実際に内藤氏はインカムゲイン型資産として太陽光発電を5基ほど保有しており、売電による収益を毎月20万ほど得ているそうです。

日本ランドリーエステート株式会社の強み

名称未設定 2

後半では日本ランドリーエステート株式会社の伊藤氏が、同社のコインランドリー投資スキームの特徴を分かりやすく説明してくださいました。
同社は「S級立地戦略」をとっており、商業施設であるスーパー、ドラックストアなど、主婦の集客が見込める立地にしか展開しないそうです。
利用者の7割以上が主婦層なので、ロードサイドに単独で出店するようなことはしないそうです。S級立地戦略をとることによって、認知されやすく定期的な来店が見込める上、店舗への安心感が醸成され、買い物時に合間利用が可能です。
また、本スキームは高利回りが期待でき、「年利回り10~25%も可能」とのことです。
「コインランドリーができた!」という感度は高くないため、認知が広がるまでは利用率が低い傾向はあります。結果、初年度が一番苦しい経営となることが多いようです。3年くらいで売り上げが安定してくるとのことです。なお、店舗への認知度を高めるためのマーケティングや管理は委託できるため、オーナーの負荷が考慮されています。
本スキームでは、「投資額の70~80%を初年度即時償却」できます。中小企業経営強化法を適用できるため、法人でも個人でも70~80%を初年度に減価償却することが可能です。

コインランドリーを利用するターゲットは主婦層へと変化しており、明るく綺麗なコインランドリーにニーズがあります。S級立地戦略においては、買い物やカフェの利用など待ち時間を有効に活用できますし、往来の安心感もプラスに働きます。また、1つのスーパーにクリーニング店が2軒存在するケースがないように、過当競争に巻き込まれにくいといった利点があります。
出店にあたっては、店舗内スペースに設置する「テナント型」とスーパーの駐車場の空きスペースに箱物を設置する「別棟型」があり出店パターンに依りますが、凡そ3,500万~4,000万ほどの出資が必要です。融資やリースに関しては、ご相談くださいとのことです。

伊藤氏のお話で面白いと思ったことは、ガイアの夜明けでも取り上げられた「洗濯マグちゃん」という新発想の洗濯用品を採用している点です。高純度のマグネシウム99.9%を使って、臭いの原因となるカビや汚れをキレイに落とすため、洗剤が不要です。洗剤のすすぎ残しを気にしなくて良く、洗剤アレルギーに悩む方や赤ちゃん衣類へはとても安心感があります。すすぎ工程を短縮できるため、水道・電気を節約できます。オーナーにとっても、嬉しい点ですよね。


日本ランドリーエステート株式会社が展開するコインランドリー投資は、収益分析不足や管理負荷の高さ、撤退リスクの高さで失敗したという過去の投資家たちの問題を解決しているスキームだと思いました。税制メリットが取れる数少ない投資先であることも投資家にとって魅力があると感じました。

本セッションの最後に、その他の実物資産を扱う企業様として、マイニングマシンの「株式会社A.L.I. Technologies」や内藤氏自身も購入している現代アートのディーラーとして「ミツイ・ファイン・アーツ」も紹介されていました。資産形成の上でインカムゲインは外せません。実物資産はご自身の興味あるものが、入り口として適していると思います。今回来場できなかった方は、次回のフェアで心躍る投資商品を探されてはいかがでしょう?
個人的に思い残したことは、フェア当日はタイミングがなく、「株式会社A.L.I. Technologies」が展示していたホバーバイクに触れることができませんでした。次回の展示に期待しています!社会貢献の意味合いからも最新技術への投資も楽しそうだなと思います。(取材・文/ひだまり)

1M9A7158

LINEで送る
Pocket

第10回 世界の資産運用フェア

第9回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

「第9回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

お知らせ

「第9回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

2月9日に開催した「第9回 世界の資産運用フェア」。今回も多彩なゲストを迎え、全 ...

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポート

お金の増やし方1日集中講座

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポート

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポ ...

お金を増やせないたった1つの理由とは!?〜「お金の増やし方1日集中講座」を受講して〜

お金の増やし方1日集中講座

お金を増やせないたった1つの理由とは!?〜「お金の増やし方1日集中講座」を受講して〜

内藤忍氏とミアン・サミ氏の初のコラボ講座が開催された。筆者も含め今回の受講参加者 ...

> 人気記事をもっと見る