×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

スターバックス 2015年末にプノンペン1号店を出店

カンボジアタグ:        

LINEで送る
Pocket

スターバックス 2015年末にプノンペン1号店を出店

カフェチェーン大手のスターバックス(Starbucks Coffee Company)が、いよいよカンボジアへの進出を発表しました。

カンボジア1号店は、現在建設中のプノンペン国際空港新ターミナル内に今年2015末までに出店し、また2016年初旬には、2店目をプノンペン市内中心部に出店すると発表しています。

プノンペンはフランスの植民地だったこともあり、美しい街並みや、フランスパン、コーヒーなどのフランス食文化が色濃く残っており「東洋のパリ」と呼ばれています。
これまでは、カンボジア人が行くカフェと、観光客が行くカフェというのは二分されていたのですが、近年では観光客にもカンボジア人にも人気があるカフェが増えてきています。

プノンペン市内では、多くのカフェが激烈な競争をしており、勝ち組としては、地元資本のブラウンカフェ(BROWN Coffee and Bakery)が有名です。

スターバックスが参入することで、カンボジアのカフェが更に良いものに育っていくことが大いに期待されます。

参考:スターバックス ニュース(2015年8月27日)
https://news.starbucks.com/news/starbucks-to-enter-cambodia