×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

改正住宅法の施行細則が公布 2015年12月に施行決定

ベトナムタグ:    

LINEで送る
Pocket

改正住宅法の施行細則が公布 2015年12月に施行決定

2015年7月1日に施行された改正住宅法により、ベトナムの不動産に対する購入条件が緩和され、外国人の購入が認められましたが、未だ施行細則が公表されておらず、外国人投資家の多くが様子見の状態でした。

このほど、ようやく細則となる「政令第99号/2015/ND-CP」が公布され、12月10日から施行される事となりました。

この政令では、外国人による不動産購入に関する具体的な緩和の内容なども定められています。
購入条件として「パスポートに入国印があること」が規定され、滞在期間を問わず合法的に入国した全ての外国人がベトナムで不動産を購入できることになりました。
外国人の不動産所有期限は50年間ですが、所定の手続きを行えば1回に限り更新が認められ、追加で50年間の延長ができるとされています。

他にも、外国人が購入・所有できる物件は、分譲マンションが1棟につき全戸数の30%まで、戸建て住宅が1街区につき250戸までと制限されており、この制限を超える取り引きは全て無効となり、住宅所有証明書は発行されないとされています。

VIETOJO 法律ニュース(2015年11月13日)
http://www.viet-jo.com/news/law/151112080825.html

第10回 世界の資産運用フェア

第9回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

一気に拡大する楽天証券の手数料無料ETF銘柄

ニュース

一気に拡大する楽天証券の手数料無料ETF銘柄

NISAにピッタリの商品「ポイント投資(楽天スーパーポイントで投信が購入できる) ...

ポイント投資サービスが増えているので比較してみた

ニュース

ポイント投資サービスが増えているので比較してみた

「貯金から貯蓄へ」という政府の施策のもとで、2018年からつみたてNISAの制度 ...

敷居の高さは単なるイメージ、実は堅実な不動産投資

ニュース

敷居の高さは単なるイメージ、実は堅実な不動産投資

初心者のための不動産投資「投資は難しいもの」というイメージを持っている人は少なく ...

投信マニア月波のコレ買いたい!第11回 ドレスを選ぶように

ニュース

投信マニア月波のコレ買いたい!第11回 ドレスを選ぶように

ファンド選びは、ドレス選び――そんな画期的なサービスを、カブドットコム証券株式会 ...

> 人気記事をもっと見る